×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ほくろができる原因は、これです!

 ほくろを除去をしたい人も多いと思いますが、まずほくろが出来る原因を調べてみましょう。ほくろは、母斑細胞と呼ばれるメラニン色素を造り出す細胞が、皮膚の深い所に多数集まることによって生じ、医学的には「色素性母斑」と言います。生まれたばかりの赤ん坊にほくろはありません。ほくろができやすい体質というのもあるようです。
 ほくろと皮膚癌の識別が重要で、生じた箇所によっては、ほくろを除去する必要があります。ほくろを除去したい箇所は、人によって異なるようです。手、腕、足、腹部、背中、顔などですが、ほくろを去してほくろの悩みを解消している人も多いです。
 ほくろ除去の必要性は、「気になるから」というだけではなく、それ以上に重要な問題を秘めている場合があります。紫外線を浴びることによりメラノサイトが刺激され、メラニンが多量に作られることにより、皮膚(ほくろ)に異常を起こし、メラノーマ(癌)が見つかることがあります。このような場合は、ほくろを除去することで皮膚の回復をはかることがあります。
 ほくろ除去は皮膚科やクリニックで行われていますが、自分で取り除ける製品も市販されています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ほくろ除去の方法は、ほくろの大きさによって異なる!

 ほくろを除去する方法には、炭酸ガスレーザーによる除去法と切除縫合法による除去法があります。
 炭酸ガスレーザーでのほくろ除去は、ほくろの大きさが5mm以下で、盛り上がっていないほくろの除去に適しており、比較的簡単で早い(5〜10分)手術です。レーザーメスによるほくろ除去といも言います。炭酸ガスレーザー(レーザーメス)によるほくろ除去は、ほとんど痛みがありません。ほくろのある部分のみに麻酔をかけ、炭酸ガスレーザーで照射し、一気にほくろを除去をします。施術にともなう出血量もごく僅かです。
 切除縫合法によるほくろ除去は、直径6mmを超える大きなほくろに適しており、外科手術としてはとても簡単です。経験豊富な医師の施術を受ければ、レ≠゙人に適した施術方法です。切除法合法でのほくろ除去では、除去後の痛みが2〜3日続き、抜糸まで約一週間かかります。抜糸までの経過は除去をした箇所によって変わることがあります。
 ほくろ除去に際しては、医師や専門家と相談しながら、自分にあった方法による施術を受けることが大切です。

ほくろを作らないための予防をしよう!

 ほくろが気になる人にとっては、ほくろ除去も重要ですが、ほくろを造らない、ほくろ予防も大切です。ほくろ除去について悩む前に、まず日焼け止めの使用等により、ほくろ予防ができます。ほくろは紫外線の影響をうけて増殖するため、紫外線を遮るような日焼け止めでなければ、ほくろ予防にはなりません。ほくろ除去で悩む前に、紫外線カットのグレードが高い、「SPF」、SUN PROTECTION FACTOR(サン・プロテクション・ファクター)「PA」の表示がある日焼け止めクリームを使用することをお薦めします。ほくろ除去で悩む前に、外出時に、帽子、日傘、長袖の着用など、肌の露出をさけることが紫外線から肌を守り、ほくろ予防になります。目の周りには日焼け止めクリームを塗ることができませんので、サングラスを着用して、ほくろ予防をしましょう。
 「日に焼ける」ということは、「ほくろを作る、増やす」ことになります。ほくろ除去で悩む前に、海や山へ出かけるときだけではなく、日常生活の中で紫外線や直射日光をさけることがほくろ予防へと繋がります。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 ほくろ除去と、ほくろ予防